東京と大阪を結ぶ夜行バスの概要について

東京と大阪を結ぶ夜行バスは多くの利用者がおり、近年は車両のタイプが増えていてグレードも様々です。

白馬でスキー情報はこのサイトにおまかせ下さい。

代表的な車両タイプは、観光バス仕様の4列シート・2階建てやハイデッカー(高床式)の独立3列シートがあり、最近では通路を挟んで1席のみが配置されるプレミアム座席が登場しています。


料金は4列タイプが3千円前後から・3列タイプが5千円台からとなっており、プレミアムタイプは1万円台前半が一般的となっています。



ほぼ料金が一定の新幹線とは違ったシステムを採用している事業者がほとんどであり、混雑が予想される金土と休前日に関しては高めの設定・利用が少なめの閑散期や平日に関しては低めの設定になっています。
それとは別に、当日の正規運賃よりも割安に購入できる早期割引を採用する事業者もあるので、旅をする予定がはっきり決まっている場合は早めの予約と購入がおススメです。



東京と大阪を結ぶ夜行バスは8時間〜10時間程度乗車するのがほとんどとなっている事から、車内で心配するのがトイレの有無や快適に乗れるかですが、トイレについてはトイレなしの車両は途中のSAやPAで2〜3時間に一度は休憩を取り、車内にトイレが設置されている車両は休憩なしとしている事があります。

東京〜大阪の夜行バスは長時間乗車で飲み物の摂取を制限しがちになってしまいますが、体制を変えずに乗っているとむくみや肩こり等が発生してしまうので、適度に水分摂取とマッサージやストレッチをして体に負担を掛けないようにしましょう。